(躁) うつとなかよし。

うつだと思ってたら双極性障害と診断されたわたしと、病と音楽の徒然なる日々。

重症化した乳腺炎。

MRI撮影後、本当は来週の金曜日に診察だったのですが、さらに胸が肥大化、紫がかってきたし、自分では気づかなかったけど、微熱。。

朝から病院に電話すると、すぐに来て!と言われ。

 

悪性では無いのだけど、新手の癌かもしれない。

 

と言われる。。泣く。。。゚(゚´Д`゚)゚。

手に負えないので、さらに詳しい病院を紹介すると言われ、その間、食欲もなく痩せて来たので点滴を打ちながら待つことに。。

 

色々考えました。

連絡先、死ぬまでに整理しなきゃいけない事、お葬式の費用、生命保険の受取人。

 

そして、次の病院へ。

紹介状に色々不具合があるらしく、その間に再度エコーへ。腫瘍のあたりをかなり入念にみては大きさをはかり、腫瘍マーカーをつけられて行く私の胸。

なんか、絶望とかじゃなく、カラッポでした。

 

終わって、また診察室へ。

膿が溜まってますね。出してチューブを入れましょう

もう、私、は?(・・?)って感じで。

 

炎症を起こしている部分は麻酔とか効かないんです。切開って聞いて、あぁ、また地獄が。。

 

覚悟してましたけど、痛かった。。

涙も滲みました。。おっぱい痛いとか、本当ギャグみたいだけど、本当に痛い。激痛です。

同様の経験してる人のブログ見ると、号泣とか書いてあるし。いや、わかります。

 

そして、ドレーンという平たい2センチ幅くらいのビニールチューブが胸に刺さっております。なう。

でも、切開後の傷口の痛みより、胸のしこりの方が痛かったから、眠れるようになりました。

 

月曜日も、病院。

ドレーンはいつまで刺さってるんだろう。。

 

5月1日に、町医者のブレストクリニックを受診してから早1ヶ月。。

これで完治して、2つ目の病院の先生の言っていた事が杞憂である事を祈るばかり。。