(躁) うつとなかよし。

うつだと思ってたら双極性障害と診断されたわたしと、病と音楽の徒然なる日々。

逃げるは恥だが役に立つ 最終回だった。。

逃げ恥の最終回の日に、いかにして事実婚を解消したかをアップしてしまった。。私らしいといえば、私らしい。

最終回のみくりの気持ちは痛いほどよくわかって、泣いてしまった。

私は自己評価が本当に低いので、彼と付き合いたての頃は、何度も何度も彼が扉を叩いてくれた。

 

それが、平匡さんがしっかりした収入を得ている前提でのお話。。

リストラされたことと、みくりも働くことになったこと。我が家の場合は、私が鬱になって、彼が自分の食いぶちを稼がなきゃならなくなった。

お互い余裕がなくなって、すれ違っていく。

 

ありのままぶつかって、相談して、解決していくって素敵な夫婦のあり方だなぁ。

ハグの日は、日本人には良い設定だと思う!

レスでも、ハグでスキンシップが取れていれば信用し続ける事が出来たかもしれない。

 

私はそれが出来なかったなぁ。と。

それぞれの幸せの形があるよね、という最終回でハッピーエンドでしたね。

 

私にも、私らしい幸せの形があるといいなぁ。