(躁) うつとなかよし。

うつだと思ってたら双極性障害と診断されたわたしと、病と音楽の徒然なる日々。

うつは治る。本人次第。

タイトルは、私の希望も入ってます。笑

 

以前書いたかもしれないですが、傷病手当も切れ、保険も切れ、収入が無くなった私は、社会復帰か、生活保護かの窮地に立たされました。

でも、毎日9時〜5時で働くなんてまだまだ難しい。

 

今私は、大学等委託訓練で、毎日10時半から4時間程度、大学で勉強をしています。

都の失業者への援助の一つで、無償で受けられる訓練です。(各種条件有りです。面接もありました。)

 

フルタイムは無理だけど、4時間だったらなんとか可能かな。。と、リハビリの一環として始めました。

 

始まってまだ一週間。寝坊してお弁当を作れない日もありますが、なんとか無遅刻無欠席で通っています。

 

正直、体は苦しいし、薬を追加したくなる時もありますが、今の所持ちこたえてる。

親睦会と言う名のお食事会はお断りしましたが、、、。

 

発症当時の、起きれない、立てない、何もしたくない、何もできない、といった状況から、"ほら、やるぞ"が出来るようになってきました。

 

薬は減ってません。

むしろ、睡眠薬が増えました。

でも、できた!という達成感は毎日あります。

 

多分、うつは、自分のチカラで立ち上がらないと、治らないし、逃げちゃだめなのだと思う。

もちろん、十分な休息がとれてからのお話。

 

私はもう2年半も何もしない生活をして、少しづつ出来ることを増やしてきました。

新しい夢ができたので、またしっかり稼げるようになりたい。

 

と、言うわけで、うつはきっと治るはず。時間はかかるけど。という持論でした。