(躁) うつとなかよし。

うつだと思ってたら双極性障害と診断されたわたしと、病と音楽の徒然なる日々。

クリエで 音楽劇ライムライト を観劇。

久しぶりの投稿です。
トリニダード行きの準備や、出張でバタバタしています。
早くハローワーク行かなきゃ。。

明けてしまいましたが、昨日7/8、日比谷のシアタークリエで上演中の
音楽劇 ライムライトを観劇してきました。

実はチャップリンの原作を知らない私。
でも、CASTにつられて思わずチケットをとって行ってまいりました。

主演の石丸さん、野々さんをはじめ、CASTのみなさんの素晴らしさといったら。
野々さんは、花組に所属されていたころから気になっていた娘役さんですが、
やっぱりこの方は憑依型だと思う。野々すみ花さんの演技は、とにかく感情を揺さぶります。

舞台に出た時から、その絶望を背中に乗せた感じとか、生きることとか、愛することとか。石丸さんとの掛け合いも、愛に溢れていて。

バレエのシーンも圧巻で。
男性のダンサーさんとのリフトは、女性ばかりの宝塚ではぜったい見れない高いリフトとか。かっこよかった。。

さらに、お若い石丸さんが、どんな老人を演じるのかと思っていたら、
安心感のある、包容力のある、男性像。

最後は号泣しておりました。なんて素敵で悲しい話なんだろう。
野々すみ花さんは、女優さんとしてとても好きなので、今後も彼女の舞台は見続けていきたいと思います。

15日までシアタークリエで上演中。そのあとは全国をまわるようです。
絶対見て損はないです。涙をふくハンカチ持参でお願いします。

協賛なのか、入り口で石丸さんがCMに出ているウコンの力を頂けます。笑
ちょっと驚きました。いつ飲むのかな~。私。

シアタークリエ『音楽劇 ライムライト』

f:id:xxzacxx:20150709003156j:plain