(躁) うつとなかよし。

うつだと思ってたら双極性障害と診断されたわたしと、病と音楽の徒然なる日々。

輸出?輸入?

私、輸出の方が好きです。
保税地域にあって、通関が完了していない輸入貨物、または通関が終わっている輸出貨物等を専門用語で外貨(外国貨物)と言います。

だからなんなんだ。と。笑

私が貿易事務が好きな理由は、こういう専門用語が一杯でてくる事が一つあります。
空港とか、港とか行くと本当ワクワクします。

↓港に立ってるコンテナを運ぶキリンさんは、ガントリークレーンと言います。
嗚呼、萌へ。

キリン(ガントリークレーン)手ぬぐい|赤キリン+手ぬぐいミニブックセット【マニアパレル、港湾系】

貿易事務の仕事市場では、”輸入”のお仕事が多いです。
身の回りの物をちょっと見てみてください。
みんな”Made in China"とか、書いてないですか?

でも私、珍しく貿易を覚えた最初の職場は輸出のお仕事でした。
輸出、楽しかったな~って。
現在籍を置いている外資系フレイトフォワーダーは、輸入も輸出も三国間も全部やります。それでもやっぱり輸出のお仕事が好きでした。
あ、もちろんまだ休職中ですよ。

ちなみにフレイトフォワーダーとは、
簡単に言うと、世界版で大きな貨物を扱う宅急便屋さん、というイメージでどうでしょう。出す人から、受け取る人まで、飛行機や船やトラック、電車等様々な手段を駆使し、国をまたにかけて物を運ぶお仕事です。カッコイイでしょ。

 

話は戻りますが、Made in Japanが海外に行って活躍してるって良いですよね。
個人輸入では円安に苦しむ私ですが、日本の文化を輸出できたら良いなーと思う今日この頃。

輸出でお仕事したい。